自然の恵みに対しての感謝をできることから形にしたい。
こうした思いから1998年に非営利事業「BESSフォレストクラブ」を設立。
自然保護プロジェクトへの支援に加え、身近なところから直接行動していこうと、
日本の森を守り育てる森林ボランティア活動を、新たにスタートしました。
健康な森づくりには、季節に応じた様々な手入れが必要。BESSスタッフが各地域の
森林保全活動に参加したり、間伐材の薪ストーブへの活用などにも取り組みます。
木や森と触れあいながらの森づくり活動を、各展示場から広げていきます。
 
苗木が雑草に埋もれない
よう下草を刈ります。
  枝打ちのためのロープの使い方実習

社会貢献プロジェクトを支援

1998年から、国内外様々なプロジェクトに寄付を行い、長期に渡り継続的に活動を支援してきました。
現在は国内外の森林保全を推進する5団体の活動をサポートしています。

  • ・日本ガラパゴスの会
  • ・共存の森ネットワーク
  • ・JUON NETWORK
  • ・木のいえ一番振興協会
  • ・地球緑化センター
  • 共存の森ネットワーク:聞き書き甲子園
    毎年全国から100人の高校生が自然と関わる様々な職種の“名人”を訪ね、インタビューをし、レポートを作成・発表します。

  • 日本ガラパゴスの会
    ネイティブガーデンプロジェクトはガラパゴスの植物生態系の保全に貢献しています。

NEW! 寄付者一覧ページを更新しました。(2016.5.10)
   
BESSフォレストクラブの活動をご紹介します。   BESSフォレストクラブの自然保護活動にご賛同・ご協力いただけるサポーターを広く募っています。   多くの方々の善意により、2015年度は1115万円の寄付金が集まりました。
| トップページ | 活動紹介 | サポーター募集 | 年度報告・寄付者一覧 |
 
BESS ホームページへ戻る.