梺ぐらしTOP

周囲の人たちにも助けられながら。
この場所で暮らしてから、
「楽しいね。」という言葉が増えました。

Iさん(静岡県在住)の梺ぐらし

静岡県内の森と川に囲まれた場所で梺ぐらしを楽しんでいるIさんご夫妻。子どもの独立をきっかけに踏み出したことで、いろいろなことが始まりました。やることがいっぱいの毎日を楽しんでいます。

夫婦二人でやることが多い場所に行きたくて、
梺ぐらしを選びました。

デッキのすぐ下を川が流れ、その向こうには森の緑が広がり、山も眺められる。
まさしく梺といえる場所で、ご夫婦での暮らしを楽しんでいるIさんの家を訪ねました。
「この土地に家を建てることを決めたのは、子どもたちも独立して、夫婦二人でやることが多い場所に行きたかったからです。ここに来ればやることも必然的にあって、いろんな楽しみを見つけられると思いました。」そこでは、土地の広さと価格の魅力も大きかったといいます。「夏でも冬でも、現地に何度も足を運んで、風を感じたりして、時間をかけて決めました。6月頃にはホタルが飛ぶし、川には小魚が泳いでいるし、本当に素晴らしい景色です。」奥さんが教えてくれました。

カントリーログハウスのすぐ下を流れる清流。
ハシゴで下りれば、そのまま川に入れる絶好のロケーションです。

「BESSとの出会いは、テレビで見た展示場でした。感じるものがあって、すぐに近くの展示場に行き、薪ストーブの暖かさに感動でしたね。もうこれしかない!って。」明るい笑顔が素敵な二人です。BESSのカントリーログハウスで暮らすようになって、それまでやったこともなかったDIYもやるようになったとか。「この家そのものが、おもちゃ箱みたいなんです。庭の雑草を取るのも大変だけど、おもしろくて。お互いに、汗かき自慢をして楽しんでいます。それぞれの仕事場まで車で15〜20分で渋滞もないし、不便さを感じたことはないですね。」心から梺ぐらしを満喫しています。

展示場で見た時から「これしかない!」と、
その暖かさに感動した薪ストーブ。
川を見下ろしながら広々としたデッキでDIYを楽しんだり、
足を投げ出したり。

自分から始めると、
いろんなことが一緒に始まってくれるんですね。

「ここは近所との距離感が程よいところも気に入っています。庭に出ていると通りかかった人が“何してるの?”と、自然に声を掛けてくれるんです。」というIさんの家からは、お隣のMさんが住んでいるカントリーログハウスが見えています。Mさんの奥さんが「隣に同じBESSのログハウスが建つのが、とてもうれしかったです。野菜の収穫祭と称して、みんなでバーベキューを楽しんだり。毎日の暮らしの中で、楽しいことが増えました。」と話してくれました。
地域の人たちとのつながりについて、二人は「ここに来る前は、夫婦二人でこじんまりとまとまって暮らすイメージがあったのですが、実際に住んでみると、思いのほか周囲の人たちとのつながりが多いことに助けられています。そこにストレスは全くないんですよ。この地区の探索会というのが開かれたり、サロンっていう、お茶会みたいなこともやっていますから(笑)。」といいます。

お隣のMさんのログハウスが見えています。
二人で始めた野菜づくりに夢中です。
「雑草の手入れなど大変だけど楽しい!」と奥さんが。

梺ぐらしを始めた時を思い出して「これからの人生の助走を始めたかったんです。もっと成長したいから、踏み出したいという意思を持ちました。踏み出したからこそ、地域の人たちが受け入れてくれるんだなと実感できているのがウレシイです。自分から始めると、いろんなことが一緒に始まってくれるんですよね。」そこには「楽しいね。」という言葉が増えた、豊かな暮らしがありました。

梺ぐらしTOPへ

「#BESSの家」で発見してください。
リアルな暮らしは、想像以上。

BESS公式SNSでは、オーナーの暮らしや
展示場の様子などを紹介しています。
これから、どんどん記事をアップしていきます。
ぜひご覧ください。
またインスタグラム “#BESSの家” では、
たくさんのBESSオーナーの
リアルな毎日を見ることができます。