「啄木鳥通信」読者投稿コーナー Reader's Voice 2013年 冬号[Vol.12]

◆2013年 冬号[Vol.12]

  • ・特集「集まろう」
  • ・BESSよもやま話「襤褸(ぼろ)は着てても、心は錦!?」
  • ・意外なつながり「富士山とあきつログハウス」
  • ・吐露byBESS、亀和田武コラム、いっぷくマンガ 他

「啄木鳥通信 2013-2014冬号」への感想、「集まる」ことにまつわる印象深い体験などを教えてください。

  • 閉じる

    今年は玄関前の大きな鉢をよしずでカバーしていました。強風が吹くと飛ばされるのでログハウス風の巣箱を重石として置きました。なんとそこにセキレイが住み込み、6個の卵を産みました。無事みんな巣立ち、近頃は家族と思われるセキレイが集い家のまわりを飛び、素晴らしい鳴き声を聞かせてくれます。

    宮城県仙台市 K.Cさん〔60代・男性〕

  • 閉じる

    私は静岡県に住んでいます。森町という人口2万人の小さな町に今6軒のBESSオーナーがいて、みんなで順番に「BESS会」をやって楽しんでいます。先週、いつも私のブログを応援してくれる愛知のワンダーデバイスのオーナーさんの家に初めて遊びにいったら、そこはBESS街区でそこの住人さん達ともすぐに仲良くなれ、みなイイ人で気が合いました。BESSって本当にすごいなと思いました。みな親戚のような気分です。

    静岡県周智郡 S.Sさん〔30代・女性〕
    ユーザー ワンダーデバイス

  • 閉じる

    特に『「お帰りなさい」という願い。』の記事に心うたれました。東日本大震災を経験してから特にこのようなことを感じていたからでしょうか・・・帰ってくるのが当たり前。そう思ってすごしていましたが、当たり前ではなくなることもある・・・そんな経験後、この言葉の重みを感じています。

    栃木県宇都宮市 H.Nさん〔30代・男性〕

  • 閉じる

    昔、私の家ではみそ作りの時、近所の人たちとみんなで集まり楽しみながら作っていました。集まることで共に結いの強いつながりを感じたものです。なぜみんなで作らなければならないのか?昔は助け合いで生きていたのだと思う。みそは毎日の食物だからこそ、結いの精神が大切だったのだなぁと思う。

    宮城県大崎市 H.Hさん〔40代・女性〕

  • 閉じる

    オマケのことばの「選択の自由が苦悩を生む」…これは今の私のことだと思いました。食べ物でも、絵でも花でも選ぶ時とても悩んでしまいます。私って優柔不断だなと思います。二択や三択ならいいのですが・・・。物や情報があふれる現代、コレってすぐ選べる決断力、意志力がほしいです。

    青森県八戸市 Y.Sさん〔60代・女性〕

  • 閉じる

    集まる事であたたかくなれる。人間一人では身体をあたためるにも限度が有り、「人」という字の通り、互いにささえ合う事でこの世を生きていけるのですね。あたたかい家庭。誰でも人がもとめる物。何となく心がホッとさせてもらったと思います。

    北海道茅部郡 M.Kさん〔30代・女性〕

  • 閉じる

    BESSのお家が完成し、両家の親にも手伝ってもらって引越し。ひと段落したところでリビングに家族全員集合した際、主人がお礼と第2子を授かった事を報告しました。BESSの新居で初めて全員が集まった記念日が更に忘れられない日となりました。

    長野県安曇野市 K.Aさん〔30代・女性〕
    ユーザー ワンダーデバイス

  • 閉じる

    私たち夫婦は平屋のあきつログハウスがお気に入り。安定、どっしりしたあの姿が魅力だったのですが、その意味が分かりました。「意外なつながり」のお陰です。何年か前山中湖の展示場に宿泊して、眺めた「壁のような富士」を思い出しました。

    愛知県名古屋市 H.Kさん〔50代・男性〕
    ユーザー カントリーログハウス

  • 閉じる

    “集まる”にまつわる日本語の由来がとても興味深かったです。特に、挨拶。日頃何気なく使っている挨拶言葉に沢山の人の想いが込められていることを知りました。言霊というように、ひとつひとつの挨拶に心を込めて使うと、もっと豊かな毎日になるだろうなと。少し意識して使ってみようと改めて思いました。

    福岡県筑紫野市 S.Iさん〔30代・女性〕

  • 閉じる

    伝説のモデル「BOLLOX」というのがあったのはおどろきでした!私たち夫婦は2人ともDIYが得意な方ではないので、何もかも最初から作るということに抵抗があります。でも好奇心は旺盛なので、このBOLLOXというモデル、ぜひまた復活してほしいです!!BESSの発想力って、本当に昔からすごいですね。
    改めて、ほれこみました。

    北海道寿都郡 M.Fさん〔20代・男性〕

  • 閉じる

    結婚して子どもができて・・・重箱の出番、大切さを実感しています。昔は年に1度のおせちだけお目にかかっていましたが、お祝い事、行事などでも大活躍!!
    フタを開けた瞬間パッと、はなやかになるあの空気が好きです。

    埼玉県熊谷市 K.Oさん〔20代・男性〕

  • 閉じる

    子どもの頃、台風がきて学校が休めるのはもちろんうれしかったが、停電になると、家族でろうそくの火をみんなで囲み、ゲームをしたり、話をしたりする。この時の主役はいつも父で次は何かナとワクワクしていたのを覚えている。その父も80才 大切にするぞ!!

    大分県大分市 S.Eさん〔50代・男性〕

  • 閉じる

    「集まろう」…本当にそうですね。「火」って、どうして人の心まで暖めてしまうんでしょう、薪ストーブの火は(炎は)毎回違い、同じものはないですね。我が家ではガラスに写った薪ストーブの炎を見てWで楽しんでいます。
    「重箱」…私の住む田舎では、人寄りがあるとすぐにおつまみを作り(一種といいます)お重に詰めて持って行きます。結構使っていますよ。

    長野県木曽郡 K.Tさん〔50代・女性〕

  • 閉じる

    舗装されたまっすぐの道路、印刷のようなサイディングの家、同じ形の雑貨、食器、パソコンで書かれた字、きれいだけど整いすぎてて・・・疲れる。
    なんだろう、多少へたでも雑でも 画一的じゃないもののほうがホッとする。
    花も木も人もひとつとして同じものはないんだものね。

    秋田県秋田市 A.Iさん〔50代・女性〕

  • 閉じる

    普段から子供達に「挨拶をしなさい」「挨拶は大事」と説いていますが、それぞれの言葉の意味を考えると、一つ一つの挨拶に想いをこめて相手に伝えることこそが大切なんだなぁとしみじみ思いました。
    挨拶をすることよりも相手を思いやるからこその挨拶だということを子供達に伝えていきたいと思います。

    長野県松本市 M.Yさん〔30代・女性〕
    ユーザー カントリーログハウス

  • 閉じる

    年末の1日、親戚が集まり、杵とうすのもちつきをやっています。毎年その風景をカメラにおさめてもう30年になります。子どもが年々大きくなり、孫やおい、めいの子どもがふえ、とてもいい記念になります。大事な伝えていきたい我が家のイベントです。

    神奈川県横浜市 H.Yさん〔50代・男性〕

ご紹介させていただいた方にプレゼント!

啄木鳥通信とこちらの「Reader's Voice」でコメントをご紹介させていただいた方には、BESSロゴ入りのカッティングボードをプレゼントいたします。次号も、ぜひふるってご応募ください。お待ちしています!

≪ Reader's Voiceトップへ戻る