読者投稿コーナー Reader's Voice。投稿ありがとうございます。

「啄木鳥通信」へ、たくさんのご意見、ご感想をお送りいただき、ありがとうございました!紙面では、スペースの制約上ごく僅かのご紹介となっておりますので、こちらのコーナーで少しプラスしてご紹介させていただきます。

啄木鳥通信

「啄木鳥通信 2015夏号」への感想、「裸になろう」にまつわる印象深い体験などを教えてください。

  • 閉じる

    「冒険する夏は、きっと宝物になる・・・」私は昨年夏、母になる事ができました。毎日成長する娘。たった1年なのに私には考えられない程の数を学び、親として嬉しさと共に少し寂しさもあります。今では、自分の力で移動できる様になり、娘にとっては、毎日が初めてを冒険する日々だと思います。もちろんこの冒険にはキケンもあり、私はダメ!と言って、止めてしまうことがあります。しかし、全てを止めてしまったら、何を感じ、学べるのだろう。通信を読み、ふと思いました。多少キケンだとしても、心で身体でたくさんの事を学ぶ。この夏は、とても大切だと気づかせてくれました。同じ目線で、たくさんのことを感じられる夏にしたいです。

    静岡県島田市 Y.Sさん〔20代・女性〕

  • 閉じる

    様々なデザインでおしゃれに造られた家が、毎日広告で紹介されている中で、やはり最後に思いが残るのはBESSの家です。「裸になろう」の記事でも感じましたが、人間の生命の源である自然に近いものを私たちは求めているのだと思います。皮ふで自然を感じることが少なくなった現代の中で、BESSの家が貴重な自然なのだと思います。

    宮城県大崎市 M.Hさん〔50代・男性〕

  • 閉じる

    裸になろう、ゴム草履で出かけよう、と読んでいて実に気持ちのいい記事でした。私の横で3才になる娘は昼寝中・・・。私が買った花柄のスニーカーはまるではかず、いただいた島草履(沖縄特産()を冬でもはき、今では草履で力強く走ったり。靴下もはかず、草や土の上ではすぐはだしになり、海や川、水たまりを見つければ、まず入ってから考える・・・。まるで「BESSの子」とでも言うような娘よ、これからもたくましく、「気持ちがいい」の本質を知っている人になってください。

    神奈川県藤沢市 M.Fさん〔30代・男性〕

  • 閉じる

    いっぷくマンガ、笑った、笑った !長女が4才の頃、諺を教えていたので、覚えているかな?とチェック。「犬も歩けば?」と問うと娘は「ネコもあるく」と自信満々の答え。おもわず「うまい!」・・・それ以後、諺は教えるのをやめました。

    愛知県半田市 K.Yさん〔60代・男性〕
    ユーザー カントリーログハウス

  • 閉じる

    今回の夏号から読みはじめました。「刃落としの妙」いい言葉ですね。あまり気張ることなく生活するって簡単なようで意外と難しいですよね。BESSの家って本当に家というか、家族に近いんじゃないかなと思います。まだ建ててないですけど(笑)最初から完璧な家ってどこかタイクツで、息苦しい感じがします。自分達家族と一緒に家も歳をとってイイ味が出てくる。そんな家こそBESSの家じゃないかなと思います。絶対建てるぞー!

    熊本県阿蘇市 J.Sさん〔20代・男性〕

  • 閉じる

    何か大切な事を思い出した気がしました。TVのニュースで、夏になると川での事故や紫外線は体に良くない等の情報が流れ、自然がマイナスのイメージでとらえられている面があるように感じます。「裸になろう」を見ていると、そんな事が小さな心配に思えてきます。自然から得られる多くの事の方が大切で、私自身大人になり、忘れていた気がします。子供の頃、外で元気に走り回っていた時のように、これからより自然に近い暮らしをしていきたいと思わせていただきました。

    神奈川県厚木市 T.Iさん〔30代・男性〕

  • 閉じる

    特集「裸になろう」を読んで。「ココロも裸になってみる」これは私にとって、なりたい自分で、なかなかなれない自分です。この夏念願のBESSの家に住むことになりました。木の床を裸足で歩いてツボを刺激し、ウッドデッキで日光浴をして、木で囲まれた開放感いっぱいの家で、自分の心も少しずつ裸になっていけたらいいな♪

    愛知県稲沢 T.Iさん〔30代・女性〕
    ユーザー ワンダーデバイス

  • 閉じる

    真夏の暑い中で、体調を崩しかけていた子供と一緒に山へキャンプしに行きました。その時に今回の「裸足で歩くと、足の裏からいいことがある」を読んで、子供と一緒に裸足で1日過ごしました。その後、体調がすこぶるよくて、本当に大地から力をもらえました。

    山形県酒田市 Y.Sさん〔20代・男性〕

  • 閉じる

    アナログからデジタルへ。私はまだアナログでデジタルを好まないが、それを楽しむ方法が限られてきたことを実感。でも必ず、アナログの良さがまた受け入れられることだと思います。なぜなら“人間的”だから!

    神奈川県厚木市 M.Iさん〔50代・男性〕

  • 閉じる

    「刃落としの妙」まさにその通りだと思いました。これがまさに、私がBESSへ行きたくなる理由であり、BESSの家に住もう!と考える理由だと思いました。なぜだか程々の家の事を考えると、ここはこうしよう、とか、ここにこれを取り付けるといいね、とか、住み始めてからのDIYが次から次へと涌いてくるのです。それが自分も成長することが出来、また家も成長するんでしょうね。程々の家に住みたいと思いました。

    宮城県仙台市 Y.Uさん〔40代・男性〕

  • 閉じる

    (「季寄せ」より)じめじめとした梅雨の時期、高機能な最近のエアコンには除湿モードが。毎日つけて、なるべく快適に暮らしていましたが、この記事を読み終わった途端にOFFにしました・・・。日本人は本来湿気には強いとか?これからは汗をかくことを楽しみたいと思います。

    埼玉県さいたま市 M.Sさん〔40代・女性〕

  • 閉じる

    小さい頃からあまり変わらない自然いっぱいの中で毎日生活しているので、「この毎日の生活が本当にすばらしいんだぁー!」って、納得しました。都会の生活にあこがれて成長して、一度も冒険せずに50年が過ぎようとしています。今、子供たちも都会の生活にあこがれているようです。あの頃の私のように・・・。でも、子供たちも、小さいころから自然児で、本当に今、貴重で宝物の思い出をいっぱい持っていると思いますよ!それが分かるのは何年後かなぁー?5年前に展示場に「程々の家」を見に行ってからますます大ファンになって、子供たちにすすめています♪息子達は「ワンダーデバイス」なんだなぁ・・・。

    宮城県石巻市 Y.Sさん〔50代・男性〕

  • 閉じる

    ベストなタイミングでやってきた「啄木鳥通信」。ちょうど、ファミリーCAMPを計画していました。今回の「冒険する夏は、きっと宝物になるはずです」を読んで、川辺サイトに決めました。私自身自然が大好きだし、子供にも自然の楽しさ(危険も含めて)をいっぱいに感じて欲しいと思います。自然をたくさん体験した子供は、将来、社会的に立派な大人になると学びました。ありがとうございました!!

    大阪府箕面市 H.Yさん〔20代・男性〕

  • 閉じる

    近年、公園があっても「危ないから」と撤去されていく道具がある中、裸足でどこでもかけめぐれる家というのはBESSならではと思います。自然と一体化した暮らしは子供たちの成長をうながし、また、大人も子供に戻ったような感覚で、遊びつかれて楽しめる。そんな生活をBESSのログハウスでしてみたいと思いました。

    群馬県高崎市 T.Sさん〔20代・男性〕

  • 閉じる

    現在我が家では芝生を生育中です。この夏フカフカの芝生の上で、ハダシで走りまわろうとひそかに思っていた矢先の事だったので、“裸になろう”と言うワードが私のテンションをさらに上げてくれました。早く夏のBESSを味わいたいです。楽しみ〜!!

    静岡県冨士市 A.Tさん〔30代・女性〕
    ユーザー ワンダーデバイス

  • 閉じる

    “引き算”の奥深さに納得。刃落としという言葉もはじめて聞きましたが、なんて大事な格言なんだと心に響きました。結婚式を控え、バタバタとすごしていて、少し油断すると情報の多さに、あれもこれもとtoo muchになって、完全に踊らされているなと思うことがしばしば。大元の大事なことを忘れがちになっていました。“これからの2人をよろしくお願いします”ということが一番届く式にしないとですネ。式の次は家!余白のある暮らし、その心意気、ずっと持っていたいです。

    東京都世田谷区 A.Kさん〔30代・女性〕

  • 閉じる

    川遊び→高知に嫁に来てまず思ったのが、土佐人は夏になるとみ〜んな川で遊ぶ。ちゃんと危ない事も大人がきちんと教えている。きれいな川、透明な水、足の裏の川底の石がとても心地いいです。やっと子供ができた今年の夏、1才半の息子の川デビューをします♪もちろん裸ん坊で♪(笑)高知の夏は川開きからスタートです!!

    高知県高知市 T.Nさん〔30代・女性〕

ご紹介させていただいた方にプレゼント!

啄木鳥通信とこちらの「Reader's Voice」でコメントをご紹介させていただいた方には、BESSロゴ入りのカッティングボードをプレゼントいたします。次号も、ぜひふるってご応募ください。お待ちしています!

≪ Reader's Voiceトップへ戻る