BESSの思い

家の先にあるもの。

家は高い買い物です。
だから、ともすると家を持つことで満足してしまいがちです。
でも本当に大切なのは、その家に長年住んで、
そこが何物にも代えがたい空間になり、
豊かな時間が生まれること。
それが家の本当の価値だと、BESSは考えます。
自然体でおおらかに、自分らしくのびやかに暮らす。
家を道具のように使いこなして生まれる楽しい毎日こそ、
BESSが提供したいものなのです。

真面目生活より、
面白生活。

1986年、BESSはログハウスづくりからスタートしました。
最初は別荘の注文がほとんど。
でも大自然の中での暮らしを追求するうちに、
都会でももっと楽しく暮らせるんじゃないかと思うようになりました。
機能性やモノ的満足を求める真面目生活ではない、
もっとのびのび自由な面白生活があっていい!
そう考えて家づくりを進めたのです。
今では自宅として注文される方が大半になりました。

外とつながった暮らし。

玄関の扉を開けて家に入るとそのままリビングルームだったり、
土間があったり。
あるいは家の外に大きなウッドデッキがあったり…。
BESSの家はオープンマインド。
家の内と外をひとつながりにして、
暮らしの楽しみを広げます。
外とつながって、季節を感じながら暮らす。
家の中の楽しみを外に広げて、歓びを大きくしてゆく。
BESSの家からは、風通しのいい毎日が生まれます。

経年楽観主義。

人間と同じように、家も年をとります。
人間もそうですが、年を重ねることを受け入れて、
変化してゆくプロセスを楽しむことが大切だと、BESSは考えます。
メンテナンスに手間をかけ、愛情を注ぐと、
無垢材ならではの趣き、味わいが生まれてくる。
人間に人間味が出てくるように、家にもその家ならではの味が出てくるのです。
時間経過を楽しみ、深みを増す家、それがBESSの家です。

便利さは程々がいい。

どんどん便利になる家の中の設備。
スイッチひとつで手間いらず、ボタンひと押しでお任せ…。
しかし必要以上の便利さは、
結果的につまらない暮らしを生むのでは、
とBESSは考えます。
負荷のかからない運動が運動ではないように、
手間や工夫がない暮らしは暮らしではないような気がします。
ちょっとした手間が暮らすことの、生きることの喜びにつながるように。
BESSの家は、便利さ程々です。

BESSの暮らしが
育むもの。

感性が豊か、ポジティブ志向、自然派、というBESS流の暮らしは、
人の気持ちを温和にし、優しさを育むに違いありません。
BESSの家で育った子供が大人になって、
次の世代に受け継がれていくと、
それはひとつの文化になっていくのではないでしょうか。
暮らしをとことん楽しむことがごく普通のことになったら、
きっといい世の中になると、BESSは信じています。

人間も、自然の一部。

BESSは自然の中で育った木で家をつくり、
自然とつながっておおらかな暮らしを生みだしています。
だからこそ、自然の恵みに対しての感謝をかたちにしたい、
と考えています。
1998年にはじまった非営利事業「BESSフォレストクラブ」は、そんな私たちの思いから生まれたもの。
一歩一歩、ゆっくり、じっくり、
自分たちの身近なところから活動をつづけています。

BESS
フォレストクラブ

BESS
フォレストクラブ

BESSは、自然保護のための活動を行っている日本国内および海外の各種プロジェクトをサポートしています。

BESSの変わらぬ思い。

1986年にビッグフットというブランドで最初のログハウスを世に送りだしてから、
BESSがつくってきたのは、どれもログハウスを原点とする木の家。
市街地でもログハウスの暮らしを楽しめるように、さまざまな規制を変える努力を重ね、
いろんなスタイルの家を生みだしてきました。時代が変わっても、そしてこれからも、
自然体の楽しい暮らしを創造したいというBESSの思いは変わることがありません。