丸い家だからこそ味わえる
ゆとりある気持ちと優れた機能性。
住めば住むほど魅力が見つかる我が家です

茨城県・古河市 Yさん
BESS DOME

「家は四角いもの」という固定概念を
根底から変える丸い家に
気持ちは180度方向転換

夏はサーフィン、冬はスキーとアウトドアが大好きなYさんご一家。特にご主人は大の自然好きで、住む家も山小屋のような木の家、それも人とは違った雰囲気にしたいと考えていました。
「初めはログハウス購入を考えて展示場へ行ったんです。どのタイプにするかも具体的に決めていたのですが、ログハウスがいくつも建つ中に、球体の建物を発見。
そのフォルムと存在感の大きさに圧倒されました」。
家は四角いものという固定観念がガラガラと崩れ、一目ぼれに近い衝撃を受けたというご主人。奥様も息子のF君も同意見で、夢のマイホームは“四角”から“丸”へと大きく方向転換しました。

パティオドアから続くウッドデッキは、ご主人がサーフボードを手入れするにも重宝な場所です。

大切なのは部屋の数ではなく
家族みんながくつろげる部屋のゆとり。
それをBESS DOMEに実感しました。

BESS DOMEのフォルムにすっかり魅せられてしまったものの、住み心地は全くの未知数。そこで利用したのが、山梨県の山中湖にあるBESSのタイムシェア別荘「フェザント山中湖」です。そこのBESS DOMEに宿泊したことが、BESS DOMEの購入を決定付けました。
「住み方に何か特別な工夫が必要なのかもしれないと思ったのですが、その心配は皆無でした。ドームならではの丸い天井を眺めては、面白い、面白いと家族3人で言っては和むばかり。当時は3LDKの団地暮らしでしたが、部屋数より3人一緒にくつろげるゆとりある空間の方が大切。そのことにあらためて気づかされました」。
そして、BESS DOMEに住むと決めてから土地探しを開始。変形していない平地で、子供が転校しなくて済む学区内であることを条件に不動産会社に依頼し、6カ月後に今の土地が見つかります。BESS DOME建築の夢が現実のものとなったのです。

「フェザント山中湖」での体験宿泊の経験から、浴槽の位置を90度変更しています。「この方が広く感じられると思って」と語るご主人。

丸い天井でも壁はフラット。
趣味のサーフボードの映える
個性的な空間を楽しんでいます。

「自分の家が完成してからというもの、時折天井を眺めては楽しんでいます」と笑うご主人。BESS DOME独自の丸い空間を活かすため、家具も必要最小限にセーブしているそうです。その家具も、LDKを取り囲む壁面はフラットになっているため、レイアウトに困ることはなく、キッチン周りの冷蔵庫や食器棚も使いやすい位置にすっきりと置かれています。
「対面式キッチンで調理が楽しくなりました。シンク前に立つと1階全体が見渡せ、2階にも声をかけやすいのがいいですね」とキッチンは奥様に大好評。
また、ご主人自慢のサーフボードも、以前の住まいでは置き場所に困る物でしたが、BESS DOMEではインテリアの主役です。
LDKの、それも階段横の目立つ位置に大小2つのボードを置き、趣味を反映したインテリアとして生かされています。

シーリングファンを回すと室内の空気が循環し、冬は暖かく、夏は涼しいと好評です。

エアコンとシーリングファンだけで
冬でも家の中はぽかぽか陽気です。

BESS DOMEならではの開放的な空間に、趣味を反映したインテリア。
居心地のいい環境からしだいに気持ちにゆとりが生まれ、「以前より子供とのコミュニケーションが増えたかもしれません。子どもを叱る回数も自然と減りました」と笑うご夫婦。以前の住まいに比べ、家族3人で過ごす時間が増えたことを日々実感していると語ります。また、暮らしてみて実感したのは、球形で空気循環に優れたBESS DOMEは暖かいということ。エアコン一台とシーリングファンで暖気を家中に回すことができ、真冬でも十分温かかったそうです。
「住めば住むほど、他の家では味わえない魅力が見つかります。この家にして良かったと思う毎日です」。
BESS DOMEでの暮らしに夢中のYさんご一家です。

小窓が3つもあり、採光は十分な子供部屋。長男は「丸い壁が大好き」と自分の部屋を気に入っています。フラットな壁に勉強机を配置しました。

高い吹き抜けが自慢のLDKはサーフボードを置くにも便利で、インテリアとしても映えるアクセントになっています。

2階からも隅々まで一望できる1階のLDK。玄関ドアの両脇に設けたスリット窓からも光が差し、開放感あふれる明るい空間です。

家族3人が最も長く過ごすのがリビングコーナー。ホームシアターが大のお気に入りで、時間を見つけては映画鑑賞を楽しむそう。

「今日、学校でね」という長男の話に、耳を傾けながら料理をする奥様。対面式キッチンだから親子の会話もスムーズです。

子供部屋横のロフトは多目的スペース。主に奥様のパソコンコーナーになっています。